触診(後脛骨動脈)
後脛骨動脈
後脛骨動脈の触診では、左足の場合、患者の左側に立ち右手で拍動の有無を調べます。
場合により両側同時に触れ左右差を調べます。